家相鑑定・地相と家相・気学・鬼門・張り欠けを取り入れた店舗づくり・家づくりのご提案

家相鑑定・地相と家相・気学・鬼門・張り欠けを取り入れた店舗づくり・家づくりのご提案

HOME > 家相鑑定・地相と家相・気学・鬼門・張り欠けを取り入れた店舗づくり・家づくりのご提案

家相鑑定・地相と家相・気学・鬼門・張り欠けを取り入れた店舗づくり・家づくりのご提案

家相鑑定地相鑑定気学とは

家相とは、建物の間取りや形から吉凶を判断するものであります。


『鬼門』
災いを呼ぶ方位と言われておりますのが、表鬼門は東北(丑(うし)・艮(ごん)・寅(とら))四十五度と百八十度反対にある裏鬼門は西南(未(ひつじ)・坤(こん)・申(さる))四十五度の場所にトイレ、台所、出入り口などを配置すると病気などの身体的な不幸に見舞われるとなります。
何故、鬼門の場所にこれらのものがあると駄目かと申しますと、表鬼門即ち艮位(ごんい)にある場合艮位には後天定位では八白土星、先天定位では三碧木星が共に同座しており、艮位丑の方に台所、トイレ、お風呂が有る場合丑の土より土剋水と剋害する為家族に災い起る恐れがあるからで、裏鬼門、坤位には、後天定位では、二黒土星、先天定位では、四緑木星が共に同座しており、表鬼門の場合と同じく土剋水の相尅作用により、直接精神面に作用は及ぼしませんが家族の身体の不健康と病災とを恐れる為である。

『方位盤』と呼ばれるもので、各々45度で8ッに分けられ家相鑑定の際に用います。



『張り』『欠け』
家屋の全体からみて、建物の一辺が凸出している部分が張りであり、凹んでいる部分が欠けとなり、其の程度は一辺の三分の一以内です。


後天 艮の八白は節であり、相続であり、先天定位の原理を当て嵌めると艮の方位には三碧が居り、三碧は震(しん)を長男とすとあり、家系を継ぐべき長男の居る艮の方位に凶相があると長男が欠けるとされているのです。一方、金銭財物に関しては艮を止まるとし、溜まると言う力が欠けておりますから幾ら金があっても悉く出てしまうとなります。



西南 坤方(こんぽう)に欠けがある場合の現象としては、「再縁」の家相とも呼ばれこの家に居住して長期に亘りますとその結婚が何回かおこります。
 
東南 巽(そん) に張りのある家で生まれて育った人は親から離れて自立し自営を為す立場になり成功を納めます。「巽斉(そんととの)うなり」の言葉があり金銭的にも、礼儀に於いても、教育に於いても、信用に於いても斉うのである。

これらとは逆に、欠けている場合斉うと云う力は無いがこう云う家相は一旦は成功し、非常な勢いで商いも繁盛致しますが、後に衰退すると言われています。



北西四十五度の範囲を 乾(けん)と呼び一家に例えるならば主人となり会社に於いては社長となりますので、乾位(けんい)に欠け込みがある場合主人及社長の位置である為主人或は社長のする事、為す事が良くない結果となるのです。
張り出しが有る場合乾には四と九の数があり、其の家に居住すると成功し富み得られ、豊かな生活を送る事が出来ます。乾は働いて、たゆまざるの理、其の家の主人が日夜たゆまず働き、心気に少しの緩みも無く、即ち心身の働きが大であるからです。
 
一般的に家相鑑定と言えば建物の間取りとか形のみと、とらえられがちですが、それ以外にも大事な事があります。


『家相鑑定とは』
気学、方位学に関する文献は園田真次郎著に依ります。
『四柱推命』『気学』『方位学』『地相』
誰しもが新たに住宅や店舗物件を求める場合思い立ったが吉日で物件探しとなる訳ですがそれは間違いであり、先ず求める方の生年月日より割り出し、今は動いても良い時季なのか否か、動くとすれば現在の居住地より吉方となる方角にて物件探しとなるのが正しい進め方で、悪い方角には、五大凶方殺≪五黄殺、暗剣殺、本命殺、本命的殺、本命殺≫と呼ばれる使ってはならない方角があり又、その場合も求める方にとって中古物件が良いのか、新築物件が良いのか、木造の物件が適しているのか、マンションなのかなど推命いたします。
又、現在居住中の住宅をリフォームの場合、さわる場所により着工日を選定、取り壊し、新築の場合などは仮住まいが必要となりますので、仮住まいされる日及方角を又、完成後新居に戻られる日を選定して動かなければなりません。
そして、家相以上に重要なのが地相であり如何に吉相の家相であっても例えば三角形の敷地であるとか、欠けのある敷地の場合凶意を押さえがたしとなります。


当社はしっかりと経験・知識を積んだものだけが取得できる「鑑定認定書」を取得しております。
『四柱推命』『気学』『方位学』を取り入れて鑑定させていただきます。

成功実績

NO.1 地相と家相で大繁盛!雑誌にも多数掲載
神戸市のケーキ屋さん「モンプリュ」
兵庫県神戸市中央区海岸通り3-1-17
TEL:078-321-1048
http://www.montplus.com/

日本での洋菓子発祥の地、神戸市元町の古めかしいビルの一角に立地し、雑誌にも度々取り上げられている繁盛店です。
まずは、四柱推命より施主様にとっては、対象物件が新築と中古のどちらが適しているのかを見極め、立地場所を決めます、この場合は新築の建物より古い建物が適とんります。。
店名の由来は建物そのもののイメージからフランス語で、『空高く舞い上がる』。
ウィンドウの大きさ、ショーケースの大きさ・角度、厨房機器など、オーナーシェフのこだわりが随所に表れております。
現地で何度も打ち合わせをし、短い工期でしたが納得いただけるお店となりました。



店舗玄関の位置は勿論、屋号の画数、開店日にも拘りました。
NO.2 気学を用いて吉日オープン
吹田市のケーキ屋さん「ハピネス」
大阪府吹田市末広町20-25-101
TEL:06-6382-7315

当社が設計させていただく前に他の設計事務所に依頼されていたのですが、進め方や対応に不満があり、途中から当社に変更されました。
オーナー様のお店に対するコンセプトとして、『ご来店いただきました方々が幸せになります様に』をモットーに店名を『ハピネス』とし、屋号の画数、意味合い(逢春)、電話番号にもこだわり、オーナー様の生年月日より、オープンの日取りを設定いたしました。



表鬼門にトイレの凶家相、マンション
NO.3 鬼門にトイレあり……
和歌山 М様邸

阪神大震災のおりに尼崎にて被災され、その後当地にてマンションを購入され、入居6年後にご主人が突然他界されました。
『家相10年』の言葉があり、吉の作用も凶の作用も居住して5年目頃からあらわれます。
相続人の場所にあたる表鬼門の位置にトイレがあるとよくないとされています。
マンションの場合は設備面の制約があるので、購入の際には要注意です。



NO.4 出入り口にも鬼門に注意
大阪市の自宅兼店舗「船津丸整体」
大阪市鶴見区放出東3丁目20-23
TEL:06-6961-3132

既存の旧家屋を自宅兼店舗にリフォーム。
施主様はもともとタイル屋さんをされておられたのですが、永年の仕事から姿勢に支障をきたすようになったため、自ら整体を学ばれ、内臓を改善する整体法を取り入れ、この度開業されることとなりました。
以前の家屋は裏鬼門にあたる南西に出入り口があったのですが、家相上よくありませんので、施主様にとって吉の方角となる南東に設けました。



NO.5 地場産業の育成
和歌山市の研修場「スタージュ」
和歌山市楠本240-13 
TEL:073-464-1048

建物は既存で、ある外車のショールームだった場所です。
施主様の本社及びご自宅より、吉方にあったこの場所に決めるにあたっては、この他にもいくつか候補がありましたが、工期などの条件により決定しました。
家相としては、金銭の場である北西と南東の欠けがありましたので、まず、この二点を検証の上解消し、施主様の生年月日の命式(めいしき)より、工事着工日及び竣工日選定といたしました。
何か事を始めようとするとき、その人にとって、今事をおこして良い時期なのか、否かをまず検証し、その次にどの方角が良いのかを見定めます。
そうする事によって、よい結果(実り)に到達する事ができます。




 

有限会社 クリエイティブパズ
〒583-0012
大阪府藤井寺市道明寺4-2-7
TEL 072-930-5517
FAX 072-930-5530
営業時間 9:00〜18:00
定休日 日曜・祝日

クリエイティブパズ facebook